teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 所沢市役所 ・所沢市の債務残高は1000億円(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


やった~!

 投稿者:NobbyTack  投稿日:2018年10月19日(金)20時48分47秒
  今確認した!明日はT原さんも来る!  
 

今、きおしおとIに

 投稿者:NobbyTack  投稿日:2018年10月18日(木)12時15分0秒
  電話して四国の2人の「肉声」を聞いた。2人とも元気でやってる。りんきおしおも仕事を辞めてのんびりしてる様だ。20日のLive配信は「必ず」チェックしてコメると言ってくれた。あいにくI の方はFBはやっておらず当日チェックはできないのだが「夏は終わり」のキチンとした譜面を要望した。gheeのYT upのお陰で過去の画像や名曲の「オリジナルkey」(コレが重要)で楽曲を聴いてて思ったのだが、お互いの安全無事を確かめ合うだけのOB会じゃつまらない。
現在では「様々な情報」は相互に「飛ばせる」のだからgheeやK子さんなど「夏の終わり」のコーラスアレンジもしたいだろうしいろんな方法で(もちろん作者も交え)デモ音源作りも創作「過程」も共同作業出来る。
かつて「此のクラブ」は週に一度のギター持ち回り「新曲発表会」をベースにしてた。現在では「その場」で始めて聴く曲の感想。。で「終わる」どころか「通信」で互いに「絡み」可能性も広がる。きおしおが「トワイライト・ハッピー・ゾーン」の完成形を作ってる、と聞き最初に僕の詞に付けてくれた「コラール」時代のやりとりを思い出した。イントロを如何するか?試行錯誤して居た彼に「強引に」ラテンっぽいイントロに「させてしまった」心に「引っかかって居た」モノをおもいだしました。あん時ゃごめん!I も先に送った「夏は終わり」がオリジナルkeyだったか低いのか?分からず帰宅して(譜面見て)連絡為る旨を確認しました。
 

当日は

 投稿者:NobbyTack  投稿日:2018年10月18日(木)10時59分18秒
  会場にギターもあるwifiもあるとジロさんに確認した。iPadは2つ持っていき1台はFBで同時Live配信します。皆やきおしお君ソレに高知のIに見てもらいます。もう一つはK子さんの3曲をK子さんと登壇して「インタビュー形式で」紹介します。 特に僕も知らない歌詞が出来て以降どんなアイディアが楽曲アレンジや構成に浮かび変更して行ったなど「決定」してたメロディに歌詞が影響して「如何」成って来てるのか?僕に取っても「興味津々」。30分ほどでやっつけるんでよろしく!  

プレシジョンが・・・・

 投稿者:m. haggie  投稿日:2018年10月17日(水)17時17分1秒
  復活したと思ったら、ボリュームコントロールとトーンコントロールのポットがイカれてしまった。昨日ぶらぶらでリハーサルをやったのだけれど、トーンを絞ると音が出なくなる。ボリュームコントロールを触るとガリガリと異音がする。電装系統は、限界かも・・・。修理してもらわなくっちゃ。参ったなあ。  

返信

 投稿者:NobbyTack  投稿日:2018年10月17日(水)07時23分9秒
  メッセンジャーに依るKジョーからの返信メール。。

終る間際に顔出せるかもしれない。小林君とは、何回か会って話もしてるんです。それから、上野と伴にも、土曜に蒲田に来れば、両方に会えるからって、誘いのメールはしておきました。
 

10月20日

 投稿者:NobbyTack  投稿日:2018年10月16日(火)20時49分31秒
  は同じ蒲田「CatFish」で高校時代からの友人Kジョーこと上條淳士がランチタイムDJでマイルス特集をする。「時間があれば覗く」と言ってくれた。Kジョーは先週「蒲田ぶらぶら」でやってる。haggieとコバは上野、判とやってるのを観てる。Blues中心のvocalistでjazzも歌える。まぁ僕の友人なので気兼ね無く付き合えるnice guyです。Live活動は頻繁にしててフクちゃん?(コーちゃん?)一度来た作曲研の後輩とも付き合いは長い。生粋の「好きモノ」。  

クラシックではよくある展開です

 投稿者:m. haggie  投稿日:2018年10月15日(月)09時17分48秒
編集済
  D-Gmは、後期ロマン派(例えばショパンなど)の曲にはよく使われているパターンです。また、Dの曲でAmに移るのも、ドミナントマイナーという手法で、クラシックの作曲家はごく普通に使っています。しかし、ポップスに持ち込まれているのは、多分少ないと思います。ポップスには言葉「歌詞・・・つまり歌」という制約があるため、メロディを乗せにくいのだと思います。例えば、ピアノだけなら自由に展開できても、言葉が絡むことによって、音の数や音程に制約が出てくるということです。もちろん、僕はうまく使いこなせないでしょう。これは、持って生まれたセンスの問題なのだと思います。K氏に、この曲はクラシックの香りがすると言ったのも、そういう意味です。  

偉そうにごめんね

 投稿者:m. haggie  投稿日:2018年10月14日(日)15時15分37秒
  勝手に分析したりしてすみませんでした。専門家なら、もっと違う分析もできるかもしれません。分析は、自分の勉強と、楽しみのためにやっています。分析してわかったことを、自分の曲作りに生かしたいなと思っていますし、分析するとその曲の魅力をより理解できるような気がします。尤も実力が伴わないので、自分の曲作りには、中々活かしきれませんが・・・・・。魅力的な曲は、非凡な何かがあると思っています。そのヒントが見つかれば、自分も少しはマシな曲が作れるかななんて思ってね。  

勘違い

 投稿者:NobbyTack  投稿日:2018年10月14日(日)14時20分35秒
  ghee君の間奏は此の曲だったネ。チャンと再生メロディに入ってた。入り方の「最初の3音」は素晴らしい!「間奏は歌の休みではなく別曲」とはSが僕の「気紛れらぶそんご」の間奏に付けた「ケチ」だけど。。ghee君のguitarメロディは「最高」。  

誤解しないで!

 投稿者:NobbyTack  投稿日:2018年10月14日(日)11時53分28秒
  BassD rumは「HONK」ロゴ事件の事。決してhaggieとジロではない(笑)  

レンタル掲示板
/216