teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 所沢市役所 ・所沢市の債務残高は1000億円(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


僕も観に行きたいなあ

 投稿者:m. haggie  投稿日:2019年 8月20日(火)20時06分51秒
  映画の値段よりも、交通費がだいぶ掛かりそう。でも、観たいなあ。僕は、基本的に電気楽器は工業製品だと思っているから、ビンデージトーンだとかマスタービルダーとか、クラシック楽器関連用語のパクリは好きじゃないけれど、廃材でなくて古材を活用して楽器を作るっていう思いが好きだなあ。この人、自分のことマスタービルダーとかマイスターとか絶対思っていないと思う。それよりも、純粋な思いが突き動かしているはず。その心根がとても良いんだよね。  
 

休み明けに

 投稿者:モロモロ  投稿日:2019年 8月19日(月)14時22分2秒
  お暑うございます。皆様 お元気でしょうか? 今日は仕事をサボって観たかった映画に行きました。「カーマイン・ストリート・ギター」(新宿シネマカリテ)というマイナーな映画で、ギター好きにはたまらない内容です!百聞は一見にしかず、ここでは何も書きません。シニア割引1,100円で心豊かになれる映画でした。  

Woodstock

 投稿者:m. haggie  投稿日:2019年 8月14日(水)19時51分59秒
  数年前に、WarnerのDVDを買った。やっぱり、高校生の頃に観たあの感動が蘇ってきたんだけれど、後でC.C.R.やJohnney Winter等が割愛されていると知り、あの多感な時に全部観たかったなあと思った。9月3~4日は、絶対観てみたいなあ。でもWarnerのDVDと同じだったりして。10枚組と38枚組(34だっけ?)のCDが出ているようだけれど、僕は買わないな。これは、全く個人的な見解だけれど、RockやPopsは、本来「今」を創造する音楽だし、50年前の音はノスタルジアに浸ることはできるけれど、新しい音が無いということが理由だな。映像があれば、それなりに楽しむことはできるけどね。理論的にもサウンド的にも、やはり「今」を追求するのが、RockやPopsの楽しみだなあ。今は、Negative Harmonyに凝っているので、これを使って、ビーチボーイズ風の曲が作れないかなあと思案中です。  

Beatles Tributes

 投稿者:m. haggie  投稿日:2019年 8月12日(月)13時19分21秒
  いろいろなトリビュートバンドがあって、それぞれ面白いけれど、僕はこの「Yellow Matter Custard」が好きです。ギターは、何とあのMr. BigのPaul Gilbertがやっています。
https://youtu.be/GgaYS-9Ihdw
 

50周年

 投稿者:ghee  投稿日:2019年 8月12日(月)11時28分23秒
  2019年だから1969年が50年前。当たり前か。60年代ラストの年。60年代に一つの区切りが付いてしまうのは少し寂しい気持ちがする。仏教なら50回忌(49周年)になったところで故人はご先祖様となってしまう。NHK・BSで「ウッドストック」のドキュメンタリーを9月3日4日に分けて放送するようなので見ようと思っている。また発売50周年となるザ・ビートルズの「アビイ・ロード」のリミックス盤が9月27日に出るようなので安い値段の方を購入したいと思っている。「ホワイトアルバム」同様に色々な発見があると思っている。  

クリスマスと言えば

 投稿者:m. haggie  投稿日:2019年 8月12日(月)09時10分47秒
  Bing Crosbyの「White Christmas」とThe Singers Unlimitedの「Christmas singers Unlimited」を持っていたなあ。1963年にPhil Spectorが「Christmas Gift for You from Phil Spector」を出したことがあった。彼にしてみれば会心の出来で、これで一気にヒットチャートのトップに躍り出るつもりだったらしい。ところが、LPの発売時期とケネディー暗殺事件が重なり、アメリカはクリスマスどころじゃなくなり、彼のLPも殆ど話題にならなかったらしい。失望した彼は、次第に精神を病んでいったらしい。今聴き返しても、Phil Spector節全開で、当時彼のお気に入りだったロネッツやクリスタルズ、ダーレン・ラヴなんかが、クリスマスの定番曲を歌っていて楽しい。
 

WoodStock

 投稿者:NobbyTack  投稿日:2019年 8月12日(月)07時26分10秒
  https://www.rollingstone.com/music/music-features/woodstock-the-band-robbie-robertson-856370/
WoodStockのBoxが10万と19000円で出てる。以下は鈴木慶一さんのFBから。
ピーター・バラカン氏のお勧めで、ウッドストックは19000円くらいのボックスにした。6万円台はちょっとね、もう品切れかもだし。で、THE BANDが素晴らしい。特にガース・ハドスンのプレイがおったまげる。ファースト、セカンドとセンセーショナルなアルバムのリリース時期だし。
人生で「悔しい思い」があるとして僕は筆頭に「the Bandの生」を挙げたい。米国に行った時「最初に観た映画」は日本で未だ未公開だった「LastWaltz」だった。1stの衝撃が「後追い」の1970年。Teas of Rageの「重い」ソウルフルな鎮魂歌の様な絞り出す様な歌声と「隙間だらけ」の音。未だ邦盤で聴いていたお陰で「難解な歌詞」の先にあるイマジネーションに「撃たれて」しまった。作曲研の皆と逢う前、僕は「既に」Dylanフリークスであり「既存のRock」を超えた歌詞は、例えば米国史を知り(少なからずジョン・ウエズリー・ハーディングを始めとした個人名からも)「人生で初めて英語が響いた」時でもあった。アルバム「PlanetWaves」をT原さんが「the BandはDylanを超えちまった。最後の弾き語りはソレを恐れた(Dylanのアルバムがthe Bandのアルバムと化した現実の印象)Dylanの切望で入れたらしい」と言う言葉に限りない「真実」を感じた。RobieRobertsonは井上陽水の玉置浩二にあらずthe Bandが安全地帯とも「異なる差異」とは紛れもなく「詩の巨大」とサウンドの表そうと言う「歌謡とRockの差異」でもあった。「流行り歌」にもたらされた「地平」はBluesやRock’nRollの「次元」を超えた。Rock(英語発音ではラックと聞こえる)の誕生と言える。
此の件「筆を休める」。
 

OB会

 投稿者:じろ  投稿日:2019年 8月11日(日)20時00分26秒
  次回のOB会は10/19土曜日ですよ

一応確認です。

http://、

 

クリスマス 再

 投稿者:ghee  投稿日:2019年 8月10日(土)15時33分42秒
  ヴィンス・ギルはスタジオ・アルバムを20枚出している。その内RCA時代・2枚目の「The Things That Matter」と唯一Hallmark Ent.から出ている(他は全部MCA)15枚目オリビア・ニュートン・ジョンとの共作クリスマスアルバム「’Tis the Season」の2枚が入手出来ていなかった。この3年間思い出してはAmazon等で探していたが今週に入り一気に2枚とも入手することが出来た。まあ手元に届くのは9月になってからだけど。どちらも海外のサイトだと新品を3ドル位から売っているものの(たたき売りだ!)クレジットでの購入に少しためらっていたが、やっと安心できるルートで入手できた。共作だけどオリビアのアルバムは初購入。頑張って欲しい。

ちなみに「’tis」は古英語の表記で「it’s (it is)」のこと。「The Season」だけで「クリスマス」を意味し「’Tis the Season」で「クリスマスがやって来た!」みたいな意味だそうな。このタイトルで結構なクリスマス・アルバムが出ている。末筆ながらクリスマスの話で残暑お見舞い申し上げます。
 

Nicky Wonder

 投稿者:m. haggie  投稿日:2019年 8月 8日(木)19時20分49秒
  画面の中央、後方で帽子をかぶり、Fender Jazz Masterを弾いているのが、Nicky Wonder です。
https://youtu.be/OVYqA6dtoPE
 

レンタル掲示板
/225