teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


キハ52

 投稿者:特急おおぞらメール  投稿日:2010年 3月26日(金)22時16分32秒
  こん**は、特急おおぞらです。先日北海道遠征から帰りました。今回の遠征は、別の用事が多かったのと、完全に雪にやられてしまいまして、ちょっと消化不良気味でした。また次回の遠征に向けて、今回の反省点を生かしていきたいと思います。さて、大糸線のキハ52の追加写真、拝見しました。やはり国鉄色はいいですね。赤白ツートンや朱色のものは、私の子供時代に毎日のように見ていた色であり、グッとくるものがあります。新しいキハ120型も、すぐに大糸線の沿線にマッチしていくのでしょうが、やはり国鉄型の魅力にはかないませんね。ところで、最後の写真は応募されたものでしょうか?以前他のサイトで見たことがあるもので、、、このような3並びはもう全国どこに行っても見られないのですね。とても貴重な、宝物のような写真だと思います。
それでは、またお邪魔します

http://homepage.mac.com/ueda_daisuke/index.html

 
 

ありがとうございます。

 投稿者:夢樹  投稿日:2010年 2月15日(月)22時17分32秒
  特急おおぞらさま
あまり読んでもらえる人がなさそうなこんなエッセイでも、
読んでくださる方がいらっしゃるのはなんともうれしいもの
です。本当にありがとうございます。乱文失礼しております。
続きも鋭意製作中ですので、またご覧いただければうれしく
思います。
さて、困った鉄道ファン。本当に困った輩です。人に迷惑を
かけての趣味活動。なんとも情けないやら、悲しいやら。
その方はもちろん、大人ですよね。そして、そういう人が
いるから、きちんとルールを守って活動している人までが
同じ目で見られてしまう。実際にマナーが悪いから撮影
禁止になっている場所もたくさんあるようですし。
私も特急おおぞらさまにまったく同意見です。
それから、鉄道の運行に迷惑をかけないまでも、撮影時
すぐ隣に来ているのに挨拶すらしない輩もいます。
これも人間としての当たり前の行為すらできない
悲しい事実だと思います。そんなこともひっくるめて
マナーのわかる人間になりたいものです。
 

エッセイ拝見しています。

 投稿者:特急おおぞらメール  投稿日:2010年 2月14日(日)23時16分24秒
  こん**は、特急おおぞらです。まだマレーシアに渡航中です。どうやら今回の渡航が最後になりそうです。
約10年間、出張でお世話になったマレーシアで経験したことを、今まとめているところです。
そのうち、ブログにでもして公開しようかなぁ、、と考えています。
113系エッセイ、楽しませていただいています。『彼』113系に対する夢樹様の様々な思いが感じられますね。
鉄道と風景、鉄道と人、そのテーマでずっと活動してこられた『想い』に心を打たれます。
時代が変わり、車両が変わっても、やはり鉄道と人のよい関係がいつまでも続くことを願って止みません。
ところで、今日新聞に『線路脇に鉄道ファン侵入し列車が緊急停止。13000人に影響』という記事が載りました。同じ撮影者として憤りを覚えるとともに、非常に恥ずべき行為であると思いました。このような社会のルールを守れない、自分さえよければいい、と考える人がいることに悲しくなってしまいます。
鉄道趣味が多くの人に認知されるのは大変良いことですが、反面マナーをわきまえない人が増えているのも事実です。私たち鉄道ファンから、マナーとは何か?ということを見つめなおさねばと思いました。
それでは、失礼します。

http://homepage.mac.com/ueda_daisuke/index.html

 

ご感想ありがとうございます。

 投稿者:夢樹  投稿日:2010年 2月10日(水)22時32分23秒
  魔人さま
いつもご覧いただきありがとうございます。
拙い文章で失礼だとは思っているのですが、
初めての試みに挑戦しております。
113系も当たり前の房総の顔となってとても
長い年月が過ぎましたが、それが当たり前の
光景となっているので、なくなってしまう
なんて信じられないですね。徐々に数を減らす
ということなのでまだ、ここしばらくは見る
ことができるのでしょうが、やはり房総方面へ
出かけると撮らずにはいられなくなってしまい
ます。おっしゃるとおり、少年の頃の風景が
またなくなるのは切ない以外の何ものでも
ありません。
 

エッセイ

 投稿者:魔人メール  投稿日:2010年 2月 9日(火)21時58分35秒
  楽しくよませていただいてます。

113系もあと1年足らずで消滅とはにわかには信じがたいです。
房総から撤退すると、113系のスカ色の終焉でもあるわけですよね。
また一つ、少年の日の思い出が消えるのかと思うと切ないです。

http://majin.blog.so-net.ne.jp/

 

南国からありがとうございます。

 投稿者:夢樹  投稿日:2010年 1月30日(土)18時56分40秒
編集済
  特急おおぞらさま
先日はお誘いいただきましてありがとうございました。おかげさまでずっと
気になっていた201系も撮れましたし、一人ではあそこへは行かなかったはず
なのでとても助かりました。
また南国へ出張なのですね。お疲れさまです。
113系はもちろん思い入れもあるのですが、そのせいか気づけばずいぶんたくさんの
写真を撮っており、その割には公開したものが少なく、この機会にまとめて
アップしようと思い、このような形になりました。画像データは公開して
いませんが、かなり古いものから最近撮ったものまであります。
こちらもいつ完成するかは不明なのですが、今現在あるもので10ページは
作ることができます。いろいろ考えながらまた作っていきますので、
またお暇な折にでもご覧いただければ幸いです。
関西の113系もだいぶ残り少なくなったようですね。残り少ない
貴重な風景をぜひ追いかけてください。そして、貴HPで拝見できる
のを楽しみにしております。
 

フォトエッセイ、拝見しました

 投稿者:特急おおぞらメール  投稿日:2010年 1月30日(土)01時50分54秒
  こん**は、南国からお邪魔します。特急おおぞらです。先日は撮影に同行いただき
ありがとうございました。
あれから、またしてもマレーシアに飛ばされ、日本との気温差に体がついてゆかず、しっかり風邪を引きました。さて、フォトエッセイ拝見しました。房総の113系には格別の思い入れがおありのようですね。文章から、夢樹様の列車への思いが伝わってきますよ。私も房総ではないですが、東海道(関西)の113系には格別の思い入れがあります。今でも湖西線や山陰線で頑張っている113系を見ると、心の中で『いつまでも頑張れ!』とエールを送っています。登場してから数十年、特急列車とは違う日常をいつも運んできたのですよね。
私も帰国したら、関西に残っている113系を追いかけてみたくなりました。
それでは、またお邪魔します。

http://homepage.mac.com/ueda_daisuke/index.html

 

いらっしゃいませ。

 投稿者:夢樹  投稿日:2010年 1月24日(日)16時09分49秒
  RYOTAさま
いらっしゃいませ。お世話になっております。
大糸線の写真を見ていただきましてありがとうございます。
本当はもっと人が撮らないアングルから撮ったほうがよいの
でしょうが、なかなかそういうふうにもならず。
大糸線はまもなく車両が置き換えられてしまうので、寂しい限りです。
最近ではかなり撮影者も増えているようで、今後ますます増えていく
ことでしょう。私もできればもう一度行きたいところなのですが。
ローカル線って本当にいいですよね。
 

こんにちは。

 投稿者:RYOTA  投稿日:2010年 1月23日(土)11時43分47秒
  遊びに来てみました^^
大糸線の素晴らしい写真の数々拝見しました。ものすごく興味深かったです!
というのも、関東甲信越のローカル線は大体撮ってきたのですが、大糸線だけはまだ行ったことがないからです。

特に、レール遠くからやってくる朝の列車は私好みのカットですね。
豪雪地帯らしい空気感も漂ってくる感じがします。

http://higuryo.cocolog-nifty.com/blog/

 

ご無沙汰しております。

 投稿者:夢樹  投稿日:2010年 1月16日(土)22時23分16秒
  孔魯迅さま
こちらこそご無沙汰しております。
表題の件、ありがとうございます。なんとも情けない話ですね〈汗)
ぜんぜん気づきませんでした。「頭突き」になってしまいそうですね〈笑)
近日中に直して掲載しなおします。本当にご指摘ありがとうございます。
さて、大糸線ですが、孔魯迅さまもお出かけだったのですね。私は暮れの12月でしたが、
それはそれで結構な人がいました。やはり皆さん名残惜しいのでしょうね。
北陸、能登ももちろん考えましたが、バルブでは面白くないと思い、
無謀にも流しました。こちらのほうはまたそのうち公開したいと思います。ただ、
技術がないのでそれほどうまくは撮れていません。やはり大糸線に出かけたら、能登
北陸もセットですよね。
孔魯迅さまは2月初めにまた出かけるのですね。私は2月の下旬を狙っているのですが、
条件がそろえば出かけたいと思っています。本当にこの3月で鉄道の世界もがらっと
変わってしまう感じで、鉄な人々は忙しくなりますね。
 

レンタル掲示板
/28