teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 映画「北の桜守」サウンドトラック

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年11月10日(金)19時32分38秒
返信・引用 編集済
  12月27日発売予定の映画「北の桜守」のサウンドトラックの曲目リストは以下の通りだそうです。   21. 花、闌の時 [オリジナルバージョン]が小椋さん歌唱バージョンなら嬉しいのですが・・・

  1. 希望の闌
  2. 花、闌の時 [メインタイトルバージョン]
  3. 再会の約束
  4. 迫りくる恐怖
  5. 帰郷
  6. てつの変化
  7. 傷ついた桜
  8. てつの行方
  9. 御礼参り~太田神社~
  10. 命の嗚咽
  11. 闇米稼業
  12. 花畑の追憶
  13. あの人の顔
  14. 消せない過去
  15. 三船受難
  16. 蘇る面影
  17. 白い喪服
  18. 積もる記憶
  19. 満月の夜の再会~花、闌の時
  20. 「北の桜守」エンディング
  21. 花、闌の時 [オリジナルバージョン]


何か曲目リストを見てると、映画の内容がわかるようですね。
 
 

歌談の会・越谷サンシティホール

 投稿者:三村  投稿日:2017年11月 5日(日)15時29分4秒
返信・引用
  昨日、越谷サンシティホールの歌談の会に行ってきました。
単独公演は去年のアプリコ以来1年ぶりです。

曲目は
・さらば青春
・俺たちの旅
・愛しき日々
・少しは私に愛をください
・泣かせて
・恋、してしまうもの(神田亜矢子琵琶歌入り)
・命はいつも生きようとしてる(ナターシャ・グジー)

歌綴り「She has a dream」
・これが人生だろうか
・めまい
・君の街に幸福駅はあるか
・夢は死なない
・愛燦燦

・夢芝居
・シクラメンのかほり
・山河

アンコール
・次の街へ
・顧みれば
・サヨナラ

演奏陣は、加藤武雄(キーボード)、森下武(ギター)、谷川学(ギター)、小塚泰(バイオリン)、ナターシャ・グジー(バンドゥーラ)、神田亜矢子(琵琶)でした。

歌綴り「She has a dream」は初めて聞きましたが、英語が全く話せないという谷川さんがアメリカ人の役を割り当てられてました。森下さんは日系アメリカ人の通訳の役で、奇妙なアクセントのセリフが笑いを誘っていました。

小椋さんの声の調子は50%ぐらいかな?
ところどころ声が裏返ったり、苦しそうなところがありました。

終演後はロビーにナターシャさんが立って、CD購入者にポストカードを渡して握手してました。私も1枚購入しました。
たくさんの人がスマホでナターシャさんを撮ってましたが、デジカメしかない私はストロボをたくと迷惑かなと思って遠慮しました。
 

映画「北の桜守」サウンドトラック

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年10月28日(土)09時21分23秒
返信・引用
  映画「北の桜守」サウンドトラックが、2017年12月27日に発売とのことです。
映画公開は来年3月10日、サントラは先行ですね。

■小椋 佳作詞作曲による主題歌「花、闌(たけなわ)の時」を、吉永小百合、阿部寛を中心に、Horiuchi Kohei (99RadioService)、仙石みなみ、田﨑あさひ・長谷川萌美(Bitter & Sweet)の4名が主要コーラスメンバーとして歌っています。吉永演じる主人公・江蓮てつの心象風景を演劇的に表現する場面で歌いあげられるこの主題歌を含め、星勝による心揺さぶられる美しい劇中音楽の数々も、本オリジナルサウンドトラック盤に収録します!
 

ペギー葉山さんを偲ぶ会

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年10月26日(木)23時33分16秒
返信・引用
  最近、訃報にまつわるニュースが多いですね。

「南国土佐を後にして」でゆかりのある高知での葉山さんを偲ぶ会、小椋さんのミニライブがあるそうです。

「南国土佐を後にして」などで知られ、今年4月に83歳で亡くなった歌手で名誉高知県人のペギー葉山さんの追悼式典「ペギー葉山さんを偲ぶ会」が11月20日に高知市で行われる。主催の県と高知市は参加者千人を募集している。 式典は高知市文化プラザ「かるぽーと」で午後2時から。シンガー・ソングライターの小椋佳さんが生前親交のあったペギーさんの代表曲を歌う。

http://www.47news.jp/photo/1750887.php
 

亀渕友香さん

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年10月24日(火)20時21分14秒
返信・引用 編集済
  小椋さんの1976年のアルバム「渡良瀬逍遥」で「哀れみこめて青春が見ている」を歌っていた亀渕友香さんが亡くなったそうです。
NHKの番組などで、小椋さんと共演があり、親交があったのだと思います。
VOJA(Voice Of Japan)というゴスペルのグループを率いていらっしゃいました。

私としてはポンキッキの「どこからきたの」(作詞:小椋佳 作曲:玉置浩二 歌:亀渕友香)が忘れられません。
https://www.youtube.com/watch?v=XHS43Y9NiHk

合掌
 

掘内孝雄、小椋佳を語る

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年10月 7日(土)17時45分31秒
返信・引用
  小椋さんは出ませんが、堀内孝雄が、小椋佳を語るそうです。

番組:BSジャパン「徳光和夫の名曲にっぽん 3時間スペシャル」
2017年10月13日(金)夜7時00分~夜9時54分
今回の3時間スペシャルは、前川清、堀内孝雄、水森かおり、松原健之、大江裕、はやぶさをゲストに迎え時代を彩る名曲の数々をお伝えする。前川は水原弘との思い出を語り、「君こそわが命」を披露。堀内は作詞家・荒木とよひさと小椋佳の違いを語り「ガキの頃のように」を歌う。

http://www.bs-j.co.jp/meikyoku/
 

週刊ポスト

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年10月 7日(土)13時24分38秒
返信・引用 編集済
  ネット検索で見つけました。

https://www.news-postseven.com/archives/20171007_618318.html

3年間は、コンサートを続けるとのこと。嬉しいですね。
 

『北の桜守」予告編

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年10月 3日(火)14時01分41秒
返信・引用 編集済
  「北の桜守」の予告編がUPされていました。
来年3月の公開なのに、早いですね。

https://www.youtube.com/watch?v=gPTM9qkYzkg

一瞬、小椋さん作「花、闌の時」が流れますが、劇中のコーラスで小椋佳の歌唱はありませんでした。
エンディングにでも採用されればいいのですが・・・
 

キラリ音楽祭2017

 投稿者:三村  投稿日:2017年 9月30日(土)23時21分26秒
返信・引用
  7月の飯能も仕事と重なって行けなかったし、最近小椋不足です。
そう思っていたら近所で小椋さんのステージが。単独の公演ではありませんが。
富士見市のキラリ音楽祭に行ってきました。

だけどちょっと消化不良な感じです。

曲目は
・しおさいの詩
・俺たちの旅
・シクラメンのかほり
・白い一日
・愛燦燦
・顧みれば

全体的にジャズっぽいアレンジがされていたのですが、いつものアレンジと違っていて違和感がありました。
小椋さんも歌いにくそうだなと思っていたら、案の定・・・。

楽器の一体感もなかったし、音響はよくなかったですね。ピアノとドラムの音がやたら目立っていた感じです。失礼ですが、高校の文化祭みたいな音だなと思ってしまいました。
ほかの出演者のときもハウリングがしたり、ジーという雑音が入ったりしていたし。

いつもの演奏陣でやったのでは音楽祭の意味がなかったんでしょうか。

音楽というのは十分に練り上げられたチームワークが大切だなと思いました。
 

故・野際陽子さんの追悼番組

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 9月29日(金)20時56分21秒
返信・引用 編集済
  今年六月に亡くなった野際陽子さんの「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~」が3時間の番組で放送されるそうです。小椋さんの回も放送されるようです。

10月1日(日)午後18:00~20:54
放送局:BS朝日
http://post.tv-asahi.co.jp/post-23227/

小椋さん分の元の放送は、2014年8月31日に放送されたものです。(生前葬コンサートの直前ですね)
野際さんは、小椋佳を小椋先生と迷いなく呼び、「本当にしょっちゅう聴いていたんです。同じ曲でも聴けば聴くほど味が出てくる」と語っていました。

亡くなる直前まで、本当にお元気そうだったので、突然の訃報にびっくりでした。
 

Re: 日立の社内報?

 投稿者:M.N.  投稿日:2017年 9月24日(日)14時54分17秒
返信・引用
   Yokoyamaさん、いつも貴重な情報ありがとうございます。

 記事の最初の方で、

  『LP(アナログレコードのアルバム版)』

 という記載があるのに、ある種の衝撃を受けましたが…
 確かに、LPという言葉は死語なのかもしれませんね。
 

日立の社内報?

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 9月21日(木)08時54分35秒
返信・引用
  に、小椋さんの対談記事が掲載されています。

http://www.hitachi.co.jp/products/it/portal/info/magazine/realitas/Vol20/vol20b.pdf
 

「オールナイトMUSIC10」(木)

 投稿者:寺澤(大府のおっさん)  投稿日:2017年 9月17日(日)22時36分19秒
返信・引用
  2週間前、買い物途中に中古本屋,CD屋へ
寄り、斉藤由貴さんのベストを買いました。
小椋佳詩曲に関連しないアルバムを購入する事は珍しい事です。
世の中が騒ぎ出す2、3日前です。
斉藤さんのラジオ放送「オールナイトMUSIC10」には何故か同級生というか、
身近な香りがしました。
番組内のあるコーナー(楽譜のなかの言葉たち?)では曲自体はかかりませんが、いろいろな楽曲が取り上げられ、
その中で珍しい楽曲「遠い夜景に」(小椋佳)のワンフレーズを朗読していました。


今年の4月に幸運にもリクエスト曲を採用していただいてからも
毎週のようにリクエストを送り続けました。
「もうと言い、まだと思う」・「古城の月」・「モク拾いは海へ」等々
曲がかからなくてもいいから、詩の朗読を無謀なリクエストをしましたが、
実現できず、番組が休止となり、残念でした。

斉藤由貴さんの声、ナレーターいいのになあ。
小田和正の「クリスマスの約束」のナレーターもどうなるのかな?
 

9月16日 一宮市民会館『歌談の会』

 投稿者:寺澤  投稿日:2017年 9月17日(日)16時16分36秒
返信・引用
  我が出身地一宮市で開催された【歌談の会】へ同級生と行って来ました。
一宮市の開催は15年前以来2回目。

友人のひとりが「このコンサート、品があり、計算尽くされているネ」と感想を言っていました。
コンサート終了直後、お客さんが席からを出る間、「鳥肌がたった」と友人が坂田美子さんをスマホで検索し、稲葉美和さんも参加しているCD【ひたすらに】を購入していました。
坂田美子さんの歌声と琵琶に圧倒されたと思います。
「また、誘ってね」と次回の一宮市での歌談の会を切望していました。





・加藤武雄:キーボード
・森下武 :ギター
・谷川学:ギター
・小塚泰:バイオリン
・稲葉美和:琴
(敬称略)

セットリスト
・しおさいの詩
・俺たちの旅
・愛しき日々
・少しは私に愛を下さい
・泣かせて
・花霞そして舞落葉(坂田美子(この曲から登場)

歌綴り【河豚切り包丁】
(挿入歌:さらば青春、藍色の時、哀しみのキッチン、木戸をあけて、愛燦燦 等々)

・夢芝居
・シクラメンのかほり
・山河

アンコール

・次の街へ
・顧みて
・サヨナラ
 

Re: 初恋-地獄篇-HDニューマスター版が出ているようです。

 投稿者:M.N.  投稿日:2017年 9月13日(水)20時50分56秒
返信・引用
  M.N.です。

Yokoyamaさんのご指摘中、

> よく分からないのは、LPレコード「初恋地獄篇」から「青春ー砂漠の少年ー」まで10ケ月ほどしかないことです。

>
> これだけの出来事が10ケ月で?。早すぎない?タイミングが良すぎない?ですか。3年くらいかかっているんじゃないかなぁ~?。そもそも歌手探しを1年していたという話もあったけど、これは当然ガセですね。だけどLP「初恋~」は1970年3月、「青春~」は、1971年1月なんですよね。濃い人生を送っている人にはこういうことがあるのかなぁ?です。
>

 今まで何度もこのあたりのエピソードは聞いてきたものの、期間が10ヶ月しかなかったということに
 全く気付きませんでした。

 この業界のことは全く知らないのですが、確かにあまりに短期間のような気がします。

 ただ、デビュー後3作目の作品がミリオンセラーになるというのも、いくら実力があったとしても
 相当運が良かったとも言えますから、普通では考えられないことが起こっていたのかもしれませんね。

 (もしかしたら、何らかの理由があって、多賀さんと小椋さんとで仕立てたエピソードだったりして…)
 
 

Re: 初恋-地獄篇-HDニューマスター版が出ているようです。

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 9月 8日(金)06時13分53秒
返信・引用 編集済
  > No.497[元記事へ]

>M.N.さんへのお返事です。

しばらく前に小椋さんのデビューの経緯を知る機会がありましたのでコメントさせてください。

寺山修司が、映画「初恋・地獄篇」を制作したのが、1968年。その後同じ意図で制作されたのがLPレコードの「初恋地獄篇」で、1970年3月10日に発売されています。ですから映画にはLPレコードの音源は一切収録されておらず、もちろん小椋佳歌唱の歌も入っていません。

商業ベースの人が売らんかなで、映画と音楽を同じタイトルで作って同時発表でドンっていう感じではなかったようですね。タイトルも厳密に言うと、映画の方には「・」(中黒)が入っており、これも同時発表ではない所以でしょうか。
小椋佳の歌だけではなく、LPレコードの世界が好きな人には、同じ制作意図ということで映画もオススメということになります。

ついでにその後の小椋佳のデビューの経緯についてですが、小椋佳が世に初めて出たのが、森谷司郎・監督の映画「初めての旅」、上映日が1971年1月9日(ちなみに併映は加山雄三と田中邦衛の「若大将対青大将」です。)で、映画に使われた歌を収録したアルバム「青春ー砂漠の少年ー」が同1月15日発売に発売されています。昔のレコードの発売日は表記の前日にレコード店に並ぶ慣習があって(今でも?)この1月14日は私の誕生日で、ちょっと自慢です。

よく分からないのは、LPレコード「初恋地獄篇」から「青春ー砂漠の少年ー」まで10ケ月ほどしかないことです。
知られているところによれば、
1)発売された「初恋地獄篇」を聞いた多賀英典が方々、小椋佳を探して輝くスターにしようと思ったけど、会って顔を見て即座に止めた。
2)小椋佳の歌を聞きこれを世に出そうと決めた多賀英典は、小椋佳の歌を歌わせる歌手探しを始め、井上陽水や俳優の渡辺篤志などに面接したが適材が見つからない。
3)そうこうしているうちに、小椋佳の米国留学が決まる。
4)とりあえず小椋佳の声で歌をとっておこうということになり、目黒の大橋スタジオでレコーディング(この間6ケ月?)。
5)小椋佳が米国に留学、その後多賀は翻意して小椋佳のレコードとしてデビューさせるべく役員会の販売会議にかけるも却下。多賀英典は大阪営業部に左遷。
6)どうしても諦めきれない多賀は映画監督・森谷司郎に渡りをつけ小椋佳の歌を売り込む。森谷司郎は歌を気に入り「この歌いいね。今作ってる僕の映画にこの歌を流すよ」と、映画の採用が決まり、レコードの発売も決定する。

これだけの出来事が10ケ月で?。早すぎない?タイミングが良すぎない?ですか。3年くらいかかっているんじゃないかなぁ~?。そもそも歌手探しを1年していたという話もあったけど、これは当然ガセですね。だけどLP「初恋~」は1970年3月、「青春~」は、1971年1月なんですよね。濃い人生を送っている人にはこういうことがあるのかなぁ?です。


 

初恋-地獄篇-HDニューマスター版が出ているようです。

 投稿者:M.N.  投稿日:2017年 9月 8日(金)00時03分25秒
返信・引用
  小椋さんの初レコーディングアルバムとしても知られている「初恋地獄篇」は随分前にCD復刻されましたが、
その映画がブルーレイやDVDでリマスター発売されているようです。
映画本編に小椋さんの歌があるのかどうかはわかりませんが、Amazonのページを紹介します。


初恋・地獄篇 ≪HDニューマスター版≫ [Blu-ray]

https://www.amazon.co.jp/初恋-地獄篇-HDニューマスター版-Blu-ray-高橋章夫/dp/B0711JNJ78/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1504796046&sr=8-2&keywords=初恋地獄篇
 

Re: BS朝日「日本の名曲 人生歌があるSP」

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 9月 7日(木)13時00分12秒
返信・引用 編集済
  > No.495[元記事へ]

3時間もある長い歌番組、小椋佳の登場部分だけ見ました。すっかりおじいちゃん扱いで、それぞれの歌手が小椋佳の元に出向いて一曲づつ歌うという演出は、祭壇に献花するようでありました。

気になったのは、テロップ(画面下部に表示される歌詞)なのですが・・・

「歓送の歌」の”一(所)懸命過ぎるほどの”の部分が”一(生)懸命”と
「顧みれば」の”瞳綻ばせて(見)晴るかす”の部分が”(美)晴るかす”と誤ってました。
”美晴るかす”には、ご丁寧にルビまでふってありました。

一所懸命がもともとで、一生懸命が生まれ、今はどちらかというと後者がメジャーですね。
おぐちゃんが一所懸命について一家言述べられているので、この間違いはダメかなと。
”美晴るかす”は、意味が通らないけど、なんか許されてもいいのかなと、思います。

「山河」の歌詞は句読点まで、(むしろ間違いやすいので注意したんでしょう)合っているので、
逆にこういう箇所の方が、見過ごししてしまうような、気づかないものですね。
 

BS朝日「日本の名曲 人生歌があるSP」

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 9月 5日(火)23時25分21秒
返信・引用 編集済
  小椋佳倶楽部で紹介されている9月6日放送・BS朝日「日本の名曲 人生、歌がある」は、3時間の中程に小椋佳のコーナーがあり、次の歌が歌われるようです。

小椋佳トリビュート
1)愛燦燦 大月みやこ
2)夢芝居 角川博
3)俺たちの旅 渡辺真知子
4)白い一日 石原詢子
5)エンドレスソング 三沢あけみ
6)母を恋うる歌 橋幸夫
7)泣かせて 研ナオコ
8)めまい 香西かおり
9)函館山から キム・ヨンジャ
10)愛しき日々 五木ひろし
11)シクラメンのかほり 布施明
12)歓送の歌 小椋佳

また、最後のコーナー「喝采をどうぞ」で「顧みれば」と「山河」(w/五木ひろし)が、歌われるそうです。

【番 組 名】日本の名曲 人生、歌がある【放 送 局】BS朝日【放送日時】2017年9月6日(水)19:00~21:54【出  演】 司会:五木ひろし / サブ司会:布施明
石原詢子 / 大月みやこ / 小椋佳 / 角川博 / キム・ヨンジャ / 研ナオコ
香西かおり / 橋幸夫 / 福田こうへい / 三沢あけみ / 渡辺真知子(50音順)

 

地球劇場「俺たちの旅」

 投稿者:理恵  投稿日:2017年 9月 3日(日)15時06分9秒
返信・引用
  9月9日(土)BS4夜7時から放送の「地球劇場」で、中村雅俊さんがゲスト出演し、
「俺たちの旅」を歌われるようです。^^

小椋さんのお話までは出ないかもしれませんが、私にとっては、意識してファンに
なる前に(変かな・・・)小椋さんの歌を歌っていた、という一例です。(笑)

http://www.bs4.jp/chikyu-gekijou/onair/42.html

 

USEN放送

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 8月30日(水)12時45分58秒
返信・引用
  片岡鶴太郎さんの「昭和ちゃんねる・歌の昭和人」と言う番組にゲスト出演されたようですが、USEN放送というものらしく、聴取方法については分かりませんでした。USENの契約がなければ聞けないようです。

https://ameblo.jp/tsurutaro-blog/entry-12305781562.html
 

週刊現代・「私の地図」

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 8月29日(火)11時22分37秒
返信・引用
  8月28日発売の週刊現代(9月9日号)に小椋さんの「私の地図」と言う記事が掲載されています。いつものお話です。  

富山・立山山麓音楽祭

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 8月23日(水)15時05分36秒
返信・引用 編集済
  ラジコ有料契約ユーザの方、富山(北陸?)にお住まいの方、8月19日に開催された立山山麓音楽祭の模様が
KNB(北日本放送)の「高原兄の5時間耐久ラジオ~長て長てこたえられんが~」(10:00~16:00)で、全編放送されました。

《出演》 小椋佳 白井貴子 岡本真夜 蘭華
《進行》 白井貴子 高原兄

http://radiko.jp/#!/ts/KNB/20170819100000

小椋佳の登場は、開始後5時間の15時ごろからです。(タイムバー?みたいなものでバイパスできます。)

曲目:
1)しおさいの詩
2)俺たちの旅
3)めまい
4)命はいつも生きようとしてる(ナターシャ・グジー)
5)愛燦燦
6)流されはしなかった

エンディング
7)さらば青春

喉の調子はあまり良くないような・・・。

8月26日期限のタイムフリーですのでお早めに!

 

Four steps について ありがとうございました。

 投稿者:M.N.  投稿日:2017年 8月13日(日)16時08分1秒
返信・引用
  柏亭侘助様

お返事ありがとうございました。

ネットなので、書かなかったのですが、1番の歌詞だけは覚えています。
タイトルからきっと4番まではあるのだろうとは思ってはいましたが、
まったく覚えていないのです。(小椋さんが歌った部分だけ覚えていたということになります。)

メロディも綺麗で、歌詞も繊細なものだったと思いますが、
CD化もされていないのですね。残念です。ネットでもみかけませんし。

上月さんのことも、あまり存じ上げませんので、
ネット検索してみましたが、やはりこの歌については
何もでてこないですね。

他にもこのように埋もれた歌がたくさんあるのでしょうね。
ネット普及後は結構、どこかに保存されているようですが、
90年代前半くらいまでは結構辛い状況ですね。
 

Re: ふと思い出せず

 投稿者:柏亭侘助  投稿日:2017年 8月12日(土)00時24分47秒
返信・引用
  > No.488[元記事へ]

M.N.さんへのお返事です。

「記憶力低下」は自慢できるほどに
劣化してきた小生ですが
この歌は覚えております。

ご指摘通り上月昇さんに提供された歌で
タイトルも「FourSteps」だったと思います。

4番まである歌で
テレビでは
1番を小椋さんがギターを弾きながら歌われて
2番から4番までを上月さんが歌われていました。

歌詞は直後に小椋さんが寄稿した
PHPという雑誌に掲載されていました。

「失恋」を歌った唄ですが
いわゆる流行歌の「失恋」ではなく
小椋さんらしく
「恋する心は失いたくない」
というテーマだったと思います。

この番組の後
渋谷のどこかの会場だったと思うのですが
上月さんのコンサートがあって
行ってみたのですが
小椋さん書き下ろしの歌4曲を
上月さんが熱唱されていましたが
残念ながらその中にこの歌はありませんでしたし
CD化もされませんでした。

小生この歌が好きで
時々ネットで検索するのですが
ご本人も亡くなられていますし
なかなかヒットはしませんね。
残念です、とても。
 

ふと思い出せず

 投稿者:M.N.  投稿日:2017年 8月11日(金)13時54分5秒
返信・引用
  ごぶさたしております。暑い日々が続いておりますが、皆様お変わりないでしょうか。
さて、ふと思い出したのですが、思い出せない歌があります。
たぶん89年か90年のミュージックフェアで小椋さんが歌った歌なのですが
「日記の端に書き写す スタンダールの恋愛論。書かないままのラブレター 告白できない物想い」
 で始まる歌で、どなたかに提供された歌で、その方とデュエットをされていた記憶があります。
FourStep(s)という言葉がタイトル(に入っていた)だったと思うのですが、どなたか記憶にございませんか?

ネットでも見つけることができなかったので。
(かすかな記憶では上月晃さんだったかも)
 

再放送情報

 投稿者:紫野  投稿日:2017年 8月 4日(金)11時57分58秒
返信・引用
  春に放送された「イルカ デビュー45周年~青春のなごり雪コンサート~」の再放送があるようです。

  → 8月11日(金)午後2時30分~午後4時00分 BSプレミアム

私は春の放送の時に気付くのが遅くて、見始めたのは小椋さんの出番が終わった後からでした。(ちゃんちゃん♪)
今回はしっかり録画予約せねば!(笑)
 

「花、闌の時」

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 7月20日(木)10時04分3秒
返信・引用 編集済
  吉永小百合「北の桜守」のニュースです。

吉永小百合「むちゃくちゃ楽しかった」120作目の出演映画「北の桜守」で舞台挑戦

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170720-OHT1T50005.html

(記事抜粋)
小椋佳氏が作曲した清らかなメロディーの歌を合唱する中、世界観は一転。ロシアが樺太に攻め、吉永演じる主人公の幸福な家族は崩れていく。舞台シーンは、本編で計7度、差し込まれる予定で重要な意味を持つ。

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2017072002000154.html

(記事抜粋)
スタジオ内に舞台のセットが造られ、てつや徳次郎ら約30人が白い衣装で合唱団のように歌う場面からスタート。シンガー・ソングライター小椋佳さんが今作のために作詞・作曲した曲「花、闌(たけなわ)の時」を、振り付けを交えながら合唱。穏やかな曲を歌い終えると、衣装を脱ぎ捨ててつらは舞台中央へ。
 

生徒が歌いたい歌に

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 7月16日(日)11時33分0秒
返信・引用 編集済
  7月16日、東京新聞・朝刊の文化娯楽ページに小椋さんのインタビュー記事が掲載されています。

夏の甲子園を控え「今どきの校歌ってこうか・球児の夏 目も耳もくぎ付け」という記事の解説のような文章で「校歌作り40年超 小椋佳さんの思い」という題です。これまで小学校から大学までの80もの曲を作ってきたとありました。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2017071602000139.html
 

いきなり「勝手の会」

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 7月 8日(土)23時40分58秒
返信・引用 編集済
  7月1日・千葉 習志野市(船橋)の「歌談の会」と、7月8日・埼玉 飯能の「歌紡ぎの会」に行ってきました。千葉方面は何かと用があるので、習志野は即決でチケット購入。飯能は習志野と期日接近してるしちょっと悩みました。ですが、私は西武線沿線なので、押さえとくかいう感じでチケット購入。

習志野の歌談は「泣かせて」など珍しい曲もあるものの、まぁいつものプログラムでした。

で、飯能の「歌紡ぎの会」です。

演奏
ギター:谷川学
キーボード:加藤武雄
バンドゥーラ、ボーカル:ナターシャ・グジー
琵琶、ボーカル:神田亜矢子

1)俺たちの旅
珍しいオープニングで、「しおさいの詩」じゃぁないんだと思っていたら、小椋さん「今日はいつもと違うプログラムで、僕が昔から慣れ親しんだ歌を歌います」と、いきなり10年以上前公演していた「勝手の会」のようなプログラムが始まってしまったのです。
2)リンゴ追分(元歌:美空ひばり)
3)リンゴ村から(元歌:三橋美智也)
4)Moon River
5)Dream
6)空に星があるように(元歌:荒木一郎)
7)青春時代(元歌:森田公一とトップギャラン)
8)さらば青春
ここでゲストのナターシャさんの出番です。
9)命はいつも生きようとしてる

ここでメンバー紹介が始まりますが、「青春時代」~「さらば青春」と青春つながりで小椋佳の歌に戻り、ナターシャさんの歌も終わったので、勝手の会から、いつもの「歌綴り」かなと思っていたら、またまた裏切られました。
井上陽水の話になり、「歌綴り」すっ飛ばしです。
10)いっそセレナーデ
11)白い一日

その次は堀内孝雄つながりです。
12)遠くで汽笛を聞きながら
13)愛しき日々(冒頭は神田亜矢子さんの琵琶節です)


14)シクラメンのかほり
15)夢芝居
16)愛燦燦
17)山河

アンコール
18)顧みれば
19)サヨナラ


という価値ありの「歌紡ぎの会」でした。
「歌綴り」が、なかったのは生前葬やトリビュートなどのコンサート以外では、いつぶりでしょうか?思い出せないくらい久しぶりです。

ふとチラシを見ると「夢歌詩を歌い、余生を生きる」とキャッチフレーズがありました。こんな所に「勝手の会」のヒントがあったのですね。

大満足の飯能でした!
 

トリビュートコンサート大阪

 投稿者:俺ハルコ  投稿日:2017年 6月14日(水)09時52分36秒
返信・引用
  妻と2人ででかけました。3階席でしたが、フェスティバルホールは音がいいみたいで大満足でした。司会は、ABCアナの道上洋三さんで軽妙な御喋りが楽しかったです。「命はいつも生きようとしてる」を「命はいつも生きようとしてイる」と間違えて小椋さんの長男さんから注意されたエピソードなど話されていました。コンサートは4時間ぐらいあったでしょうか。たっぷり楽しんだ一夜でした。

 

あの東京キッド「失われた藍の色」が・・・

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 6月 7日(水)17時36分12秒
返信・引用 編集済
  「失われた藍の色2017」として再演されるそうです。と、言ってもレコードで小椋佳・作詞・作曲の歌を聞いただけで、舞台は見ていません。「闌」の「次の街へ」が収録されたアルバムですね

期間 2017/10/14 (土) ~ 2017/10/22 (日)
劇場  CBGKシブゲキ!!
出演 三浦涼介、三浦孝太、上遠野太洸
作曲 小椋佳
脚本 東由多加(原作)、長戸勝彦
演出 長戸勝彦

>http://www.sandt44th.com

見てみるかなぁ~
 

川越美和さんの

 投稿者:トト  投稿日:2017年 5月30日(火)10時42分18秒
返信・引用
  夢だけ見てる~小椋佳さん作詞だったんですね。今日はじめて知りました。とても大好きな歌のひとつです。美和さんは引退後1年程経った頃、孤独な最期を迎えていたそうで本当にびっくりしました。  

小椋佳トリビュートコンサート~命はいつも生きようとしてる

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 5月20日(土)10時35分43秒
返信・引用 編集済
  東京渋谷・NHKホールの「小椋佳トリビュートコンサート~命はいつも生きようとしてる」に行ってきました。以降同じ内容はありませんので、気兼ねなくセットリスト・メンバーを紹介させていただきます。

ピアノ:足立紫帆
ドラムス:田中準
ベース:吉迫浩介
バイオリン:小塚泰
キーボード:加藤武雄
ギター:森下武
ギター:谷川学
箏:稲葉美和(坂田美子のステージのみ)
コーラス:JJ(ジョリージョーカーズ、「次の街へ」「さらば青春」)

司会:佐野剛平(元NHKアナウンサー)

1部
オープニング:永い付き合い(メロディー)

中村雅俊
1)俺たちの旅
2)盆帰り(小椋Ver.「盆がえり」)
3)ただお前がいい

坂田美子
4)花霞そして舞落葉
5)ひたすらに

伊東えり(えり)
6)扉の向こう
7)時の始め、空の果て~美しい暮らし

堀内孝雄
8)惜春会
9)憧れ遊び~遙かな轍~愛しき日々(メドレー)

五木ひろし
10)まだ乾かない油絵に(小椋Ver.「まだ乾かない油絵の」)
11)山河

2部
研ナオコ
12)泣かせて
13)シクラメンのかほり

梅沢富美男
14)少しは私に愛を下さい
15)夢芝居

ナターシャ・グジー
16)めまい
17)命はいつも生きようとしてる

小椋佳
18)しおさいの詩
19)白い一日
20)愛燦燦
21)次の街へ
22)さらば青春(出演者全員参加)

アンコール
23)顧みれば
24)サヨナラ

司会者の紹介で出演者が登場すると、歌を歌い小椋佳との関わりや思い出を話しながら数曲歌い、最後にまた司会者に呼ばれ、「天国の小椋さんを~」というようなトークで忍ぶ(生前葬コンサートをやって、葬式を済ませているという設定で)という展開でありました。
口が達者な人(とりもなおさず梅沢富美男)は、研ナオコのステージに乱入してコントを繰り広げる、なんていう場面もありました。まぁあれも芸なんでしょう。面白かったし。
五木ひろしのファンの方でしょうか?久しぶりにペンライトを見ました。あぁやっぱり、そういう感じなんだ~と思いました。
JJが、相変わらず主旋律を歌うだけですが、案外上手になっていました。

小椋佳が登場するのは最後の「しおさい~」から。前回2008年のトリビュートコンサートは1部から一緒に歌ったり、トークしたりという場面がありましたが、今回は最後の「さらば青春」のみですが、そこは豪華感があふれておりました。

15分の休憩を挟み、4時間近く。長いコンサートでしたが目先が次々に変わるので、あっという間でした。
終演後の帰り道。なぜか、これからは慎ましく生きていこうと思ったのでした。(笑)
 

小椋佳トリュビュート・コンサート

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 5月 9日(火)00時35分24秒
返信・引用 編集済
  大阪でトリュビュートコンサートが開幕しましたが、研ナオコの復帰で話題になっているようです、

「骨折明け研ナオコかます「浅田真央です」お口は全快」

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1820290.html


右大腿(だいたい)骨頸部(けいぶ)の骨折からスピード回復し、仕事復帰していた研ナオコ(63)が8日、大阪・フェスティバルホールで、「小椋佳トリビュート・コンサート」に出演し、ステージ復帰も果たした。負傷舞台で主演していた梅沢富美男(66)も出演しており、研が梅沢に「足、ひっかけないでね」と告げて歌のバトンを渡すなど、即興漫才のようなトークでも客席をわかせた。

 公演は、かつて生前葬を行った小椋佳氏(73)をしのぶ形式で、出演者が順次、小椋氏の楽曲を歌い、最後に小椋氏本人が歌を披露するステージだった。

 後半の先頭で登場した研は「浅田真央です」とボケながら姿を見せ「この日に合わせたかのように体調が元に戻っています」とあいさつ。「泣かせて」に続き「シクラメンのかほり」も歌い、次の歌手だった梅沢を「私をこんなにした犯人」と紹介し、呼び込んだ。

 梅沢も「研ナオコ様」を連呼しつつも「犯人じゃない。何もしてませんから」と言いつつも、ふざけトークに呼応。小椋氏を“しのぶ”内容のステージに、研が「これ、じゃあ(実際に)小椋さんが死んだら、私たち、もうかりますね」と言うと、梅沢も「そうだね」。悪ノリのトークで客席から笑いを奪った。

 あげくに、ステージから去り際、梅沢に歌唱のバトンを渡す際には、研が「足、ひっかけないでね」と口走り、さらに場内をわかせていた。

 研は、3月21日に山梨県内で、梅沢との舞台公演中に、バランスを崩して転倒。右大腿(だいたい)骨頸部(けいぶ)の骨折で、全治3カ月と診断。同27日に都内の病院で手術を受けた。「人工骨頭置換術」を行ったが、術後2日からリハビリを開始。全治3カ月のはずが、驚異的な回復力で、手術からわずか1カ月だった先月28日に復帰会見を開き、仕事を再開していた。

(日刊スポーツ [2017年5月8日21時37分] 記事転載)
 

谷村新司さんの「さらば青春」

 投稿者:理恵  投稿日:2017年 5月 6日(土)14時02分37秒
返信・引用
  谷村新司 45周年記念アルバム「STANDARD ~呼吸(いき)~」

・・・に,「さらば青春」が収録されているようです。
ほかに来生たかおさんの「夢の途中」や,吉田拓郎さんの「落陽」もあります。

「さらば青春」を谷村さんの声で歌うと,果たしてどうなるのか。。。
当然興味をそそられるわけで,火曜日着で申し込みました。^^

小椋さんも普通には解らないことがありますが,私にとっては谷村さんのほうが
よくわかってません。「サライ」「アルシラ」・・・。アジア諸国を含めた世界観
とか。
が,それはおそらく谷村さんの長年のファンが小椋さんを聴くときもそんな感じ
なのだろうと思います。

たまには,こんなクロスオーバーがあってもよろしかろう,かな。^^

http://www.tanimura.com/news/article-8183

 

Re: 春の雨はやさしいはずなのに

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 4月29日(土)15時25分55秒
返信・引用 編集済
  > No.476[元記事へ]

寺澤{大府のおっさん)さんへのお返事です。

寺澤さん、MUSIC10聞きました。
最後にとあったので、あたりをつけてスクロールバーで移動したら、「大府のおっさん」の手紙が紹介されました。
斎藤由貴さんをじわっと感動させましたね~~~
 

春の雨はやさしいはずなのに

 投稿者:寺澤{大府のおっさん)  投稿日:2017年 4月28日(金)21時53分40秒
返信・引用
  4月27日放送のオールナイトニッポンMUSIC10(MC:斉藤由貴さん)(http://www.allnightnippon.com/music10/)の番組にリクエストをし、運よく採用されました。番組の最後に楽曲が流れました。

もし、時間のある方は、ラジコで聴いて下さい。
 

和歌山FM COCOLO「FRIDAY AMUSIC MORNING」

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 4月28日(金)11時49分13秒
返信・引用 編集済
  4月28日和歌山FM COCOLO「FRIDAY AMUSIC MORNING」という番組で小椋さんのインタビューが放送されました。
(3月末の関西プロモーションツアーの時の録音ですね。)
ラジコのプレミアム会員の方は1週間以内にどうぞ。8時20分過ぎからの放送です。

https://cocolo.jp/service/homepage/index/5060
 

5/1 TBS「あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル」

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 4月28日(金)11時17分38秒
返信・引用
  歌番組に小椋さんが出演されるそうです。「愛燦燦」か「シクラメン」か・・・「愛」の方と予想します。「夢芝居」のコメントで・・・ということはないと思いますが。

2017年5月1日 (月) よる 7時00分~

http://www.tbs.co.jp/tv/20170501_4765.html

「未来の日本に伝えたい名曲100選」
ずっと歌い伝えていきたい100曲をお届けします!「いい日旅立ち」「川の流れのように」「神田川」「時代」「喝采」「涙そうそう」…山口百恵に石原裕次郎、沢田研二に美空ひばり、ブルーコメッツにザ・ピーナッツ、サザンにテレサ・テン、キャンディ-ズに松田聖子も!貴重映像と共にお届けします。スペシャルホールからの歌唱も必見!▼追悼ペギー葉山さん「学生時代」を秘蔵映像で
梅沢富美男「夢芝居」、ジェリー藤尾「遠くへ行きたい」、海援隊「母に捧げるバラード」、渡辺真知子「かもめが翔んだ日」、今陽子「恋の季節」、五輪真弓「恋人よ」、夏川りみ「涙そうそう」・・・昭和から平成の名曲をスペシャルホールから歌い伝えていきます。

出演者

梅沢富美男
大津美子
小椋 佳
今 陽子
ジェリー藤尾
庄野真代
森昌子
渡辺真知子
      ほか(50音順)
 

あなたのまちの山新

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 4月13日(木)20時41分47秒
返信・引用 編集済
  小椋さんのCMソングのようです。

「あなたのまちの山新」
作詞 山新 作曲 小椋 佳 歌 小椋 佳.

♪笑顔のくらし まごころこめて おてつだい あなたのまちの山新♪
https://www.youtube.com/watch?v=m_MDwBdtqLQ
↑Youtubeのサイトでアクセスすると、すぐCMが流れます。

きめ細かくリクエストにお応えしていますね。

 

「闌の季節」ブログ

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 4月11日(火)12時06分34秒
返信・引用
  4月9日にスタートしました番組のブログがありました。

http://www.joqr.co.jp/kei/
 

文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」に出演されていました。

 投稿者:M.N.  投稿日:2017年 4月11日(火)08時07分51秒
返信・引用
  昨日(4/10)の文化放送 大竹まこと ゴールデンラジオ のゲストとして小椋さんが出演されていました。

関東圏の方はradikoで、その他の地域の方もPodcastで聞くことができます。
 

上泉雄一の週末もええなぁ!

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 4月 8日(土)15時37分26秒
返信・引用
  小椋さんのラジオ出演情報です。

大阪・MBSラジオ「上泉雄一の週末もええなぁ」
出演者 :上泉雄一、小椋佳
4月8日(土) 13:00-13:30

もう放送は終わりました。で、ラジコです。
http://radiko.jp/#!/ts/MBS/20170408130000

↓ブログです。
https://www.facebook.com/mbs1179uwa/?fref=nf

ブログで見ると服装から、先週のプロモ・ツアー時の収録のようですね。
 

Re: 毎日新聞「権威なんか しゃらくせぇ」

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 3月31日(金)15時46分5秒
返信・引用 編集済
  > No.458[元記事へ]

THE MAGNIFICENT FRIDAY から・・・

梅沢富美男から新曲の依頼を受け、まだ全然思いついていないんだけど題は決めていて「しゃらくせぇ」だそうです。

こんなところから発想されているんですね。
 

和歌山も!

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 3月31日(金)15時15分38秒
返信・引用 編集済
  和歌山県・ABCラジオ「おはようパーソナリティー 道上陽三です」にも出演されました。
昨日(30日)、今日(31日)と関西プロモ・ツアーのようですね。小椋さんもよく動きますね~

出演者 :
道上洋三、 吉田詩織  「40周年の特別企画!小椋佳とコンサート」
3月31日(金) 06:30-09:00

「40周年の特別企画!小椋佳とコンサート」

ゲスト・小椋佳さん
「おはパソ」40周年記念としてコラボコンサートをする小椋佳さんがゲスト。「小椋佳 トリビュート・コンサート2017~命はいつも生きようとしてる~」ではどんな曲を披露してもらえるのか?そして道上さんはどんな司会をするのか?またコンサートに出演する豪華ゲスト(梅沢富美雄、研ナオコ、中村雅俊、堀内孝雄ほか)とはどんな話が飛び出すのか?小椋さんからたっぷり話を伺います。コンサートが待ちきれないリスナーさんのためにチケットの先行予約もご用意いたします!!


ラジコで1週間聞けます。(同一以外の地域からは有料契約のタイムフリーで)
http://radiko.jp/#!/ts/ABC/20170331063000

番組開始後、1時間30分後(朝8時頃)から、30分くらいです。
パーソナリティの道上洋三さんとは、昔からの付き合いだそうで、小椋さんがキダタローにダメ出しされた話など・・・面白かったです。

http://abc1008.com/ohapaso/index.html
 

また大阪?

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 3月29日(水)12時59分14秒
返信・引用 編集済
  やっぱりプロモーションですね。


ラジオ大阪 高岡美樹のべっぴんラジオ
アラフィフ大人女子があなたの生活をべっぴんに!
<ゲスト>小椋佳

放送日: 2017/03/30
放送時間: 15:00~17:40

▽15:20  「百均、ルンルン!」
        100円ショップの気になる商品を紹介。
▽16:00  ニュース・天気・交通
▽16:08  あなたにハッピー・メロディ
▽16:17  「高岡美樹のべっぴん屋」
        ぶらり見つけた美味しいモノ屋を紹介します。
▽16:35  交通
▽16:37  ダイヤル119
▽16:45  「リビングトーク」
        生活に役立つ情報を届けます。
▽17:00  ニュースパレード
▽17:25  交通


どの時間帯に出るかはわかりません。
ラジコでお聴きください。
 

FM COCOLO ラジオ出演 3/31日

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 3月29日(水)10時57分47秒
返信・引用 編集済
  3 月31 日 14 時 00 分 -

「THE MAGNIFICENT FRIDAY」
加美 幸伸『15時台…小椋佳が生出演!17時台…藤村忠寿が登場!14時台…八神純子が登場!』

放送局
FM COCOLO

FM COCOLOというのは、関西のFM放送局のようです。

例のラジコで聴取できます。
(関西?大阪?(同一エリアと認識される地域)はフリー、それ以外の地域は有料契約が必要です。↓の寺澤さん、M.N.さんの書き込みと同じく)

http://radiko.jp/#!/live/CCL

大阪のトリビュートコンサートのプロモーションですかね?
 

イルカ「青春のなごり雪コンサート」ラジオ放送

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 3月25日(土)17時02分23秒
返信・引用 編集済
  ・・・が、あるようです。

http://www.iruka-office.co.jp/onair/20170342.html

番組名:ニッポン放送「イルカ45周年 ニッポン放送イルカのミュージックハーモニー25周年記念 青春のなごり雪コンサート」
日付:平成29(2017)年4月2日(日)
時間:19時00分~21時00分

出演:伊勢正三、太田裕美、小椋佳、小田和正、松山千春、南こうせつ and イルカ
 

文化放送「小椋佳~闌の季節」

 投稿者:Yokoyama  投稿日:2017年 3月25日(土)16時55分9秒
返信・引用
  文化放送で、小椋佳のラジオ番組が始まるようです。なかなか楽隠居とは行かないようですね。

4月9日(日)スタート 毎週日曜 午前8時00分~8時30分
小椋佳~闌の季節
Mail : kei@joqr.net
人生の闌(たけなわ)を迎えるあたり、最後まで健やかな日々を過ごしたいと思う、貴方に耳を傾けてほしいラジオプログラム。

http://www.joqr.co.jp/new1704/

 

レンタル掲示板
/11