teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


世界観について

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 5月21日(水)20時17分19秒
返信・引用
  「あちら」と「こちら」
「あちら」は迷い込んだ子供たちが元々いた世界。いたって平和な世界で、もちろん武器の具現化や特殊能力は漫画の中だけの話。元々「こちら」にいた子供たち(迷い込んだ子供たちと同じ外見・素性・声)は恐らく「あちら」へ飛ばされている。
「こちら」は「あちら」と全く同じ町並み・言語・文化だが、住人は念じる事による武器の具現化・特殊能力の使用が可能。
ただし一部の人間(迷い込んだ子供たち、フェンリル、情報屋)のみで、一般の人間にはアークリング等の特殊な存在は知られていない。

*その他の色々*
・元々、パラレルワールド(仮に「こちら」)では、迷い込んだ少年少女たち(と同じ素性同じ外見)の者がリングを巡ってフェンリルと争いを繰り広げていた。
・ある日突然飛ばされた少年達は事情を全く理解していない。お互い知り合いでもない。
・少年達が「こちら」に飛ばされている間、「こちら」の少年達は「あちら」に飛ばされている。
「あちら」は平和な世界。
・元々「こちら」の少年達はリングを保持していた(ただし、フェンリルの持つものと合わせて初めて完成形)。それが七つ揃うと世界を終焉に導くとされているためばらばらに保管されていた。片方はフェンリルが保持している。
・「こちら」では特別な能力を使う事が出来る。(ただし、子供たちは最初は使用不可)
・フェンリルは最初、いつも戦っている相手と異なっていることが理解できていない(姿かたち、声も全く同じなため)
・元々「こちら」に住んでいる者は後々登場。子供たちに戦い方などを教えてくれる(世界を終わらせたくないから)
・七つの指輪の形状(色)はそれぞれ異なり、フェンリルのターゲットは主に自分と同じ形状のリングを持つ者となる。

色々ややこしくてすみません;
 
 

情報屋について

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 5月21日(水)20時15分49秒
返信・引用
  情報屋
子供たちとフェンリル、どちらの味方もしない事を条件にフェンリルからは暗殺対象にされないことになっている。
基本は組織ではなく一人で行動。報酬と引き換えに情報を渡す。
元々「こちら」の住人なので特殊能力の使用・武器の具現化が可能。
 

あらすじ 迷い人サイド

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 5月21日(水)20時14分31秒
返信・引用
  ある日突然、異世界へと飛ばされた七人の少年少女たち。
そこは彼らの見知った町、よく知った場所。しかし、何かが違った。
そこはパラレルワールド。同じであって同じではない。
何の事情も分からない子供たちに、黒い影が襲い掛かる。
黒い影の名は「フェンリル」。世界の終焉を望む者たち。
彼らの狙いは、迷い込んだ子供たちの持つ「指輪」だった。
もちろん彼らはそんな事情など知らない。知らぬ間に指輪を持っていることすら気付いていない。
しかし彼らは戦わなければならない。世界の終焉を防ぐために。大切な人たちの為に。


迷い込んだ子供たち

*管理人はネーミングセンスが皆無なので、名称については後々アンケートを採ります

お互い知り合いでもなく、突然「こちら」に飛ばされた七名の少年少女たち。
最初は全く事情を理解しておらず、能力の使用も出来ない。
「こちら」に飛ばされた時点でいつのまにかアークリングを通したチェーンが首に掛かっていた。
元々「こちら」には、迷い込んだ子供たちと全く同じ素性・外見・声の者達がおり、フェンリルとアークリングを巡って戦っていた。
訓練次第で武器の具現化・特殊能力の使用が可能となる。


*後で能力が使用可能になるイベントを起こしますが、最初は能力は使用不可です。
 

あらすじ フェンリルサイド

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 5月21日(水)20時12分37秒
返信・引用
  憤怒、傲慢、嫉妬、怠惰、強欲、暴食、色欲。それは七つの大罪。
ある時、憤怒の名を持つ青年は決意した。
「この世に終焉を。この世に復讐を」
青年が何故その決意に至ったのかを知るものは少ない。青年の率いる「フェンリル」の幹部ですら、一瞬冗談かと疑った。
しかし、青年は本気だった。
「アークリングを探せ」
青年が求めているのは、大いなる力への鍵を開くという七つの指輪だった。使い方を誤れば、世界を終焉に導くとされているため、指輪は二つに分けて保管されている。
片方はフェンリルが所持しているが、それだけでは足りない。もう片方をあわせ、完成させることが必要だ。
それはつまり、指輪のもう片方を持つものから奪うという事。
かくして、指輪の争奪戦は始まった。
それは後に、大きな混乱を招く事になる──。

「フェンリル」は本来、長い歴史を持つ暗殺部隊で、報酬と引き換えに暗殺を行っていた。
しかしリーダーの指示により、現在の目的は指輪の奪取。
幹部は七名、それぞれが憤怒、傲慢、嫉妬、怠惰、強欲、暴食、色欲の名を持っている(司っている)。
一人に一つずつ半分のアークリングを持つ。
隊服(?)として黒いジャケット(各自アレンジ可能)があるが着る着ないは自由。
元々「こちら」の住人なので武器の具現化・特殊能力の使用が可能。
 

レンタル掲示板
/1